BYSの低空飛行中!/BYSWalker

時事ネタや日記/ゲーム/旅の写真集でお送りしております。
見に来ていただき本当にありがとうございます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
  • [GameCube]突撃!!ファミコンウォーズ を遊んでみた[攻略ヒントつけました]
    n (01/25)
  • おひさ
    nori (10/28)
  • おひさ
    えい (10/28)
  • [GameCube]突撃!!ファミコンウォーズ を遊んでみた[攻略ヒントつけました]
    a (10/03)
  • [GameCube]突撃!!ファミコンウォーズ を遊んでみた[攻略ヒントつけました]
    あさ (07/25)
  • [GameCube]突撃!!ファミコンウォーズ を遊んでみた[攻略ヒントつけました]
    風 (07/21)
  • [GC] バテンカイトス2 上から来るぞ、気をつけろ!
    林克哉 (07/11)
  • [GameCube]突撃!!ファミコンウォーズ を遊んでみた[攻略ヒントつけました]
    歩兵 (06/15)
  • [GameCube]突撃!!ファミコンウォーズ を遊んでみた[攻略ヒントつけました]
    ???? (02/25)
  • [GameCube]突撃!!ファミコンウォーズ を遊んでみた[攻略ヒントつけました]
    黒柳炎斬 (12/08)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
[GC]意外と面白いバテンカイトス2
昨日一昨日と、更新が滞っているのは
なにげに遊び続けてるバテンカイトス2のせいだったりします。

もうね、アクの濃いキャラクターデザインと主人公の名前「サギ」。
これだけで、ある程度敬遠されます。



そして更に、遊んでみてもシステムに癖のあるため
取っつきにくいマグナスシステム(カードバトル)。

しかし、そのゲームが聖剣伝説DSを押しのけてウチの主稼働
ゲームとなっていたりするのです。
よく分からないが、このバテンカイトス2には変な魅力がある
みたいである。

1.購入目的

カードバトルというシステムにも興味があったのだが、
購入に至った理由はクラブニンテンドーでもらった
ウェーブバード(ワイヤレスコントローラー)でRPGが
遊びたかったに他ならない。
1も欲しかったのだが、初回特典の「ファミコンミニ:ドルアーガの塔」が
手に入らなかったのと、ゲームケースが無駄にでかかったので敬遠した。

しかし、ワイヤレスコントローラーは非常に快適である。
なぜ、このコントローラーを熱中していた時期に買わなかったかが
悔やまれる。
レボリューションにはGC用のコントローラーポートがあるので
このウェーブバードが利用できるはず。

2.ゲーム起動、少し遊んでみる

起動後、タイトル前のクレジットで以下のロゴが表示される。

LLL tri-Crescendo

お?トライエース関連?
トライエース作品をSFCからPSタイトルまで遊んでいた私としては
少し驚きながらも、ゲームはタイトル画面へ。

音楽の雰囲気がスターオーシャンだ(嬉泣

後で調べればそれもそのはず、tri-Crescendo(トライクレッシェンド)
とはトライエース作品関連のサウンドを担当とする会社らしい。
そして、作曲も当然の如く桜庭氏。
ここまで、メンバーが同じなら酷似しますわ。

タイトルで目をつぶったらスターオーシャン2を思い出すw
面白くてやり込みました。
3出さなきゃ良かったのにね、トライエース。

さて、本題に戻ります。
ゲーム開始直後、プレイヤーの名前を求められます。
サギでいいやと、何も入力せずに開始しようとします。
開始できない...
説明書読みました。
プレイヤーは主人公のサギに憑いている精霊さんなんですね。
んで、その主人公サギは暗黒部隊に所属していると。
そして仲間に裏切られて逃げることに...

FF4のセシルみたいだw

3.戦闘システム

バトルマグナスというカードを使った戦闘です。
つまり、自分が持ってる戦闘カードで使いたいカードだけを抜き出して
1つのデッキとして作成しておいて、戦闘にそのデッキを使って戦う
という仕組みです。



そもそもの基本ルールは非常に簡単

・カードに書かれた数字は、基本的に大きい数ほど強い。
・カードを出せば攻撃が出来る。
・カードに書かれた数字を低い方から順に出せば複数枚出すことが可能。
 出したカードは、全て連続技として繋がって攻撃する。


非常に明快です。
手持ちのカードを低い方から順に出していけば強力コンボに
なるんですから。

しかし!ここで制限が課せられます。

・戦闘シーンはカード選びとは別にリアルタイムで進行する。
・連続してカードを選択する時間は2秒前後かそれ以下で判断しなく
 てはいけない。
・バトルマグナスは仲間3人で共有する。
・キャラクタ専用カードの存在。


結構時間制限は、あせります。
カードは共有のため、1人いいカードばかり使うと残りのメンバーが
まともな攻撃ができずガス欠状態になってしまったり。

また、本当に忙しいので慣れないとカードばかり気になって
気が付いてたら仲間が死んでいた、なんて事もザラです。
とりあえず慣れてきた私は、ようやくHPとカードを
並行して見れるようになってきました。
攻撃順序のアイコン確認まではまだ無理ですけど。

それと、アナログスティックだとカーソルが滑ることがあるので
余計に難しくなります。戦闘は十字キーの方を使いましょう。

慣れてくると、3人の攻撃を全て繋ぐリレーコンボといった
楽しみ方が出来ます。成立させたときのボーナスとアクション
シーンは壮観なので是非とも試して欲しいなぁと。



戦闘音楽がまた良いので飽きないんですよね。
ボス戦も色々音楽にバリエーションがあるみたいだし。

ストーリーなんですが、現在中盤に入りかけたとこくらいかなぁと
思っている時点での感想として書くならば、
「だんだん意味が分かって来て、色々想像させてくれるストーリー」
そんな感じでしょうか。

序盤、回想シーンとかいきなり入ってきて勝手にストーリーが
進んでいきます。ここで投げ出さないでくださいw
私もつい評価で

シナリオ:あた!

と書きましたが、今再評価するなら

シナリオ:あたた!

となっています。
色々想像させてくれるストーリーは良いですよね。
まぁ、最初に突き放しすぎるのもどうかとは思いましたが。

戦闘のターゲット変更が何故かLRとか、クエストマグナス操作が
Cキー等、インターフェースで一部疑問を持つところはありますが
おおむね良好のゲームです。

私個人としては戦闘が楽しめて音楽が聴けただけでも良かったです。




関連記事:[GC] バテンカイトス2 上から来るぞ、気をつけろ!
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.bys.cc/trackback/297782
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.